閉じる

京都で有機農法・自然農法による野菜作りと生産技術開発 オーガニックnico

京都で有機農法・自然農法による野菜作りと生産技術開発 | オーガニックnico

おすすめメニュー

お知らせ

オーガニックnicoは有機・自然農法の普及を図るため、有機・自然農法による野菜の生産販売、生産技術の開発をしています。

ここでいう有機・自然農法とは、化学合成農薬や化学肥料を使用せず、土と生態系つくりを基本とした農法のことです。

どうして有機・自然農法にこだわるのでしょうか?

 

土作りがしっかりできた豊かな土、つまり微生物たっぷりのふかふかの土だと野菜が元気に育ち、安全で美味しいうえに、そんな野菜は酵素を多く含み、食べると人の免疫力も高まり健康につながると言われています。

土の中の微生物の働きと人間の腸内細菌の働きが大変似ているということはようやく近年認知されるようになってきました。単なる無農薬栽培ではなく、微生物が大事です。

 

また農地の土が豊かであることが、周辺の河川や地下水を美しくし、流域の川や海を豊かな生き物で満たしていくことにつながります。

 

つまり農業のスタイルが、美しい自然を育み私たちがその恩恵を受ける重要な鍵と考えるからです。

ホタル飛び交いメダカが泳ぐ川、海草がたくさん生えておいしい魚や貝がたくさん棲みつく海、人間もそれらの恩恵を分けてもらえる。そんな社会の実現のために、有機・自然農法というスタイルを志向します。

 

一方、有機・自然農法にあこがれて農業を始める方は年々増えているそうですが、有機・自然農法で黒字経営をしていくことは至難の業で、新規就農・新規参入しても大多数が数年内で挫折すると言われています。

 

せっかく人間や地球の健康に良い農法であっても、黒字経営が難しいようであれば広まりません。オーガニックnicoは有機・自然農法で黒字経営をしていくために、品質と生産性を高める生産技術に取り組んでいきます。(企業理念と2525運動

 

新着情報一覧

ブログ