【研究・開発】第34回近赤外フォーラムにおける研究発表のお知らせ

2018 年 11 月 20 日(火)から 22 日(木)にかけて開催される
「第34回近赤外フォーラム(会場:北海道大学、http://jcnirs.org/NIR2018/)」 において、研究発表を行います。


タイトル: 可視・近赤外分光法によるミニトマト樹体硝酸イオンのReal-time非破壊計測

発表者:(株)オーガニックnico鷲田治彦(首席研究員)、高屋智久(主任研究員)、水原晋(主任研究員)、中村新(代表取締役)

内容: 可視光・近赤外分光法を利用することにより、スペクトル値と化学分析値の検量線の作成を行い、特定の
波長領域のLED光源を使用する非破壊硝酸イオン測定システムを開発した。このシステムを用いて栽培中の
ミニトマトの硝酸イオン量の動態計測することができた。
本研究の成果は、ミニトマト樹体中の硝酸イオンをリアルタイムで非破壊計測することが可能であることを示して
おり、今後他作物に拡大することが期待される。



プレスリリースはこちら
Update : 2018-11-21 13:24:14